保障が手厚いがん保険

もしがんになってしまったら一般的な医療保険では治療費をカバーできない可能性があります。

本格的に治療してもしっかり保障してくれるのは医療保険ではなくてがん保険です。
一般的ながん保険は保障が手厚いので、様々な場面で保険金が給付されます。

がん保険に加入していれば診断給付金、入院給付金、手術給付金、通院給付金などの保険金を受け取ることができます。
医療保険であればここまで手厚く保険金が支給されませんので、がんになる可能性があるかもしれないと思ってしっかり保険に加入しておきましょう。

がんと診断されてから給付されるのが診断給付金です。
この時点で50万円から100万円が支給されるのが相場の金額となっています。

次に日数が無制限が特徴的なのが入院給付金です。
支払われる入院給付金ですが、がんで入院した場合は、基本的に日数は無制限というメリットがありますので、入院した分だけ保険金が支給されます。

がんで手術をしたら手術給付金を受け取ることができますが、1回の手術に対して数十万円の給付金を受け取ることができます。
がん治療は通院も多いので通院給付金も支払われると患者の負担を軽減させてくれることができます。

このように一般的な医療保険とは異なる治療費を給付される特徴があります。